ただいまは大阪からこんにちは。です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月の一週目から、再びフランス語に通い始めました。

今度は、サン・フランソワにある夫婦経営の
小さめの学校です。

校長先生が教えるA1クラスから始めています。
ひたすら書かせる、というクラシックな教え方に
ポリシーがあるらしく、使う教科書もまた、
見るからに昔ながらという感じ。
RIMG2493.jpg


授業中も、先生、ホワイトボードにかなり書いていきます。
今時の先生は、こんなに繰り返し同じ文章や
同じ動詞の活用を何度も自分でボードに書くというのは
あまりしないと思うので、珍しいように思いました。

それらを書き写すかどうかというのは生徒次第でしょうが、
朝からたくさん書くというのは、けっこう眠気対策になるし、
手を動かすことによって頭も働き出すので、
苦にならず授業に入れてよい感じです。

あまりにもう完璧頭に入ってる、というのは抜かして、
お、これはまだだめだわ、というのだけ写すようにしています。

書く、リピート、先生の質問に答える、

たまにヒアリングを書き取ると言うプチテスト。

そしてやっぱりたくさん書く宿題。
といっても教科書の丸写しや語彙だけ変えるような単純な問題。

内容は単純ですが、これをきちんとチェックして赤入れてくれる
先生ってのはまた珍しい気がします。

書くというのはスペル覚えたりなんだりと非常に有効なんですが、
自分だけで書いてるのと、誰かチェックしてくれるのでは
モチベーションがまるで違ってくるので・・・・。

またこの先生、例によってこちらでは多くいる
ラテン系(とは限らないのですが、)のおしゃべりな生徒が
すぐスペイン語や英語で授業中話し始めると、
きちんとすぐに注意してくれます。

これがなかなか、当たり前のようでいて、
私が受けた今までの他の先生ではあまりなかったです・・・。

まあ、そんなおしゃべりな人たちがちょっと注意されたくらいで
聞くかどうかはそれはまた別の話なんですが
注意してくれるだけでも本当にいいほうです。

これがまた、内容がわからないフランス語についてなら
まだしも、普通に「あなた今どこ住んでるの?」とか
世間話が始まると・・・

先日は、ついに自分で言っちゃいました。。。
振り向いて、「ちょっと静かにしてくれる!?先生の声聞こえないから!!」
って・・・(英語で)そのときは「おお~そ~り~」って言ってくれるんだけど、
効果あるのかないのか・・・^^;


そんな感じで、去年にA1の途中まで受けた、という文法力で
UNILのレベル混在のコミュニケーションを主とした
今年の夏期講習6週間に参加した後では、

今の学校の今のクラスは、内容的に驚くほどストレスフリーで
整理づけつつ基本中の基本の勉強に集中できてます・・・。
(涙) 泣きたくなるほどのストレス開放度を感じています^^;

UNILの夏期講習が悪かったわけではないと思います。
まあ、先生にも寄ったのかも知れません。
評判が年々上がって受ける生徒数が
増えたため、適切なレベル分けが困難になったという
ニコニコさん推測もあります。

愚痴を言えば、最初から文法をやらずにコミュニケーション中心で
あるということがわかってれば、多分受けなかったと
思うのですが・・・・書いてなかったんですね、そういうことは。
でも、夏期講習ということを良く考えてれば、
予想できたのかも知れませんが・・・。

ちなみに、文法等のことは、午後に一人で学校のパソコンで
勉強してください、と言われました。

何度か行きましたが、午前中みっちりサバイバルした後で、
今度はパソコンに向かって一人で文法と言われても、
なかなかやる気は起きませんでした・・・。

ということで、もし私が人にUNILの夏期講習について聞かれたら、
A2くらいは終わってれば費用的にも内容的にも有効に勉強や
実際の会話練習になるんじゃないかと答えます。^^
が、これはもちろん先生やクラスとの相性にも寄ったりしただろうし、
あくまで個人的意見です。

でももちろん、とにもかくにもわからなくともとにかく話すという
度胸は出るようになったという効果はありましたよ^^;

ということで、ちんぷんかんぷんの授業に出ることに慣れたあとで、
今やっと自分にあったレベルとスピードで
授業に望めていて、満足しているところです。^^;

しかも、費用も今までのとこよりは一番安い。
またコーヒー紅茶がただでサービスあり、という・・・。

この物価の高いスイスで、小さい学校で、大丈夫?
と余計な心配をしてしまうくらいです。^^;

この学校を教えてくれたヨガのお友達、感謝感謝です。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:スイス - ジャンル:海外情報

【2009/10/16 04:35】 | フランス語
トラックバック(0) |


はふぇ
私も9月からMigrosでフランス語勉強してますが、幸いクラスメートがみんなおとなしいので、楽しいです。しいて言えばドイツ人あtちが一番うるさいかな(笑)。先生がドイツ語も話せるので、質問があるとドイツ語で延々聞くんです、ドイツ語の勉強にもなりそうなぐらい…。スペイン語圏のラテンの人たちも数人いますが、みんな無口です(ふしぎ…)。私の先生は、スペルにも文法にも発音にもとっても厳しいので緊張感あります。さらにできるだけ自主的に会話をさせようともしてくれるので、良い先生にあたってよかったなーと思います。
先生やクラスメートはなかなか自分で選べないですよね~(苦笑)。運次第なところもあるので、よい学校が見つかってよかったですネ♪

Re: タイトルなし
る~るるる
はふぇさん

こんにちは。Migrosにしたんですね。私も嫌いじゃなかったです。
私が受けたときはスペイン語がうるさくて、先生も好感を持てる人
でしたが緊張感がある、というわけではなかったかな~
まだ先生に質問とかならいいんですが、生徒同士で
小さい教室で授業中にぺちゃくちゃやられたらかなわなかったですー^^;

そうですね、先生とクラスメイトは本当に運次第。
今回は本当に良かったです~。
はふぇさんもMigros、良かったですね。楽しんでお互い
がんばりましょう~!


No title
hana
サン・フランソワにある学校て、どこですか?
ブログを読んでいたらよさそうだったので気になりました。
私も今ちがう学校で3ヶ月のコースを取ってます。9月から通う学校を今探してます。

Re: No title
る~るるる
ecole AGORAという学校です。



コメントを閉じる▲
って、もう一週間半前に終了しているんですが、
行ってる間は結婚準備とも重なってあっぷあっぷ
だったので、UNILの写真も取りませんでした・・・。

6週間通いましたが・・・このUNILの夏期講習というのは
コミニュケーションの練習が主でした。
文法はおまけ程度で。この点、ちょっと考えていたのとは
違いました。

しかも、ここ数年UNILの夏期講習の評判が上がったせいか
生徒数が増えたらしく、レベル分けは困難だったようです。
そのせいか?
クラス内にはA1~B1レベルが混ざってたようです。

もちろん、A1の半分までの文法しかやってなかった私には
ちょっと困難を極めてしまいました。

生徒数は13人。
そのうち、アジア勢は3人。
他は欧米圏から。
それまでの勉強の差もあれ、母国語の差もあれ、
キャラクターの違いもあれ、でかなり前半は気分的に苦戦しましたが、
まあさすがに後半になるとちんぷんかんぷんな状況にすら
慣れてきますし、さすがにちょっとは何を言っているか
わかり始めてきたりはします。

が、これを取る前に文法をあらかた習えてたらな~とか、
結婚準備と重ならなければ文法の自習と並行できて
良かったかな~とか、色々悔いもありますが。

語学は結局慣れが重要なところもあるので、
これはこれでよかったかな、と思っています。

確かに、恥ずかしくて話出せない、とかそういうのは
少なくなりました。
結婚式のために頼んだヘアメイクさんとも、英語の
助けなしで なんとか 意思疎通できたり・・・
花屋で なんとか ブーケ頼めたり・・

あとはまた結婚が終わったら!
どこに通うか考えようと思います~。

ところで、このUNILのクラスでは、もう一人の日本人女性Kさんと、
台湾人女性Amandaさんとに、大変お世話になりました。
ともに6週間、先生の文句?で盛り上がったり、
異文化話で盛り上がったり結婚話で盛り上がったり・・・

Kさんは穏やかな癒し系女性で、結婚準備ですさんだ
私の心はかなり和ませてもらいました。
既に語学に堪能でいらっしゃるため教えてもらったり・・・
便乗して私もローザンヌのカフェめぐりをし、
教えてもらったココは私もお気に入りのカフェ&せっけんショップになりました。


AmandaはKさんとともに2度もランチに招んでくれ
手作りの本格台湾・中華料理・・・涙物。おいしかったです
DSC00224.jpg
スパイシー牛肉うどん
DSC02244.jpg
お汁粉に似てますがちょっと違うのが15穀米だということ

この2品だけじゃありません
手作り肉まんとかまだいろいろいただきました・・・

Amandaは去年こちらで結婚したばかり。ヘアドレッサーを
教えてもらい、大根やにら!!!がどこに売ってるか教えてもらい・・・
わからない文法も教えてもらいーので
いまだ大変お世話になってます。

ところで・・・3人でいるとき私はついボケてAmandaに日本語で
話しかけたりしてしまってました。(3人のときは英語です)
容姿が同じアジア人であまりにも親しみやすく無意識に
同胞と勘違いという・・・

でもAmandaも日本のドラマやテレビで慣れてたりし、
日本語の会話もなんとなくわかったりするときがあるらしいです。
Amandaと知り合うまであまり台湾に関心持ったこと
なかったんですが、歴史とか文化とかちょっと気になってきたのでした。

とにかくお二人には教えていただいてばかりの私だったのです・・・

これも夏期講習で得た貴重なこと
出会いにはいつでも感謝です。

FC2blog テーマ:スイス - ジャンル:海外情報

【2009/08/27 08:46】 | フランス語
トラックバック(0) |
先週末からこちらの学生は夏のバカンスの時期です・・・・
日本より約1ヶ月早いですね・・・

そんなわけで、私は
ローザンヌ大学のフランス語夏期講習
に通うことにいたしまして、今日一日目、クラス分けのテストを
受けに行ってきました・・・。

午前中は筆記テスト、ガイダンス、講習開始のセレモニー、
簡単なアペリティフまで・・・

午後はオーラルのテスト、最後はなんと自己判断で
レベル分けという・・・・

ちょっと不思議なクラス分けなのでした・・・・

オーラル、テストと言っても生徒同志が
与えられたテーマ?にそって話をするというものなんですが・・・・

その中で、「さも本当かのような嘘をまじえながら自己紹介」
し、嘘だと思ったら"C'est fais!"(嘘だ~)と
お互い指摘する、というのがあったので・・・

「私は中国人です、北京から来ました。」
と言ったのですが見事に皆さん頷いており誰もそれが
嘘だとは思わないようでした。

嘘よ~私は日本人よ~と、真実を吐露するタイミングが
つかめなかったので、これで私は一部の人から
ペキノワーズとして認識されたままということになりました。

明日からの授業、楽しみです!

FC2blog テーマ:スイス - ジャンル:海外情報

【2009/07/06 07:36】 | フランス語
トラックバック(0) |

お久しぶりです♪
ピロコです。
る~るるるさん、こんにちはv-22 
お久しぶりです。
ローザンヌ大学の夏期講習に通われてるんですね~!実はあたしも通おうかと思ってたんですが、タイミング逃してしまいました(><) 最後は自己判断でクラス分けってほんまに不思議ですね(笑)学校生活楽しんでくださいね~♪

NoTitle
る~るるる
ピロコさん、お久しぶりです。どうもです~!
そうなんですか。通われてたら一緒に行けたかもですね><
そうなんです。うかつに筆記テストを適当にマークして自己判断も
自信よりちょっと上行くと、周りが上の人ばばかりになって^^
内心汗だくですが・・・楽しんでおりま~す♪

コメントを閉じる▲
・3日目から先生が女性のJ先生から男性のE先生に
 変わりました。
J先生は授業中に英語を使わないというポリシーが
 見えていましたが(しかしなんでかスペイン語は使用?)
 E先生は、クラス内の3人以外は英語が通じるので
 やむを得ないときは英語を使用しようという意気が
 あるようです。

 が・・・でも、英語がわからない少数派を考えると
 どうなんでしょう・・・。

 先生方も好みで自分の知ってる外国語圏の生徒と
 その外国語でときどき話すようですが、あんまり
 多いと、そういうのもどうかなあ・・・。

 で、英語圏出身の一人の人が今日
 「どうしてもわからないときは英語で説明してくれると
 ありがたいわ」と先生に頼んでましたが
 そういうのもどうなんでしょう・・・。

 まー確かに英語で説明してもらったほうが私も
 ありがたいんですが・・・。

 以前、アイルランドにプチ留学したときもそうだったけど、
 スペイン語を話すラテン系の人たちは
 リラックスしていてナチュラルに大胆に笑いとおしゃべり
 ・・・休み時間中もにぎやか。
 英語圏の人たちもまあまあ積極的。

 授業中にかいまある静寂を易々と打ち破る人々の多い
 中・・・・

 プチ弱肉強食の匂いがします。
 
・1人国籍が聞き取れなかった少年は2日目に
 「モルダニア」と聞こえて「あーモルダニアか」
 と思ったんですがよく考えるとどこだかわからないので、
 帰ってからググってみたら(Googleで検索してみたら)、
 「モルダニアのアリストートス」という、昔懐かしい、とある
 ファンタジー大河小説の中の国名とキャラ名しか
 出てきませんでした・・・・。

 えと、おそらく

 「モルダヴィア」共和国:ルーマニア語出身
 が正しいと思われます。
 
 ということがわかりました。

・2日目から、クロアチア出身女性参加。
 

そんな感じです。
2時間半なんで、あっちゅう間です。

FC2blog テーマ:スイス - ジャンル:海外情報

【2008/12/03 13:57】 | フランス語
トラックバック(0) |

No title
むさし
スイスってフラ語なんだぁ!
あたし暇で死にそうだから英語のお勉強始めたけどつまんなくて死にそう・・・
毎日まぢ退屈ぅ。。
動けないから太るしぃ・゜゜・(≧д≦)・゜゜・
そういえば大学のとき第2外国語フラ語とってたよ。あとドイツ語。
すっかり忘れちゃったなぁ。

No title
る~るるる
むさちゃん
スイスはねー、70%ドイツ語で、20%フランス語、残りがイタリア語とロマンシュ語で、全部で4ヶ国語なのよ~。
私がいる場所がフランスに近くてフランス語圏なの。
英語以外で外国語とってたのね~!英語はトラベル英会話くらいできるときっと便利よ。がんばって~。動けないって、今ほっぺのふっくら度どのくらいになってる?e-446つんつんしたいわ。足、ほんとにお大事にね~。e-454


No title
むさし
そうなんだぁ!
スイス人は覚えることいっぱいで大変だねぇw(゜O゜)w
やっぱ英会話はできた方が便利よね!
またハワイとか行きたいし☆
今日は完全に挫けたけどまた明日からがんばるわ!
ほっぺはねぇ、限りなく円形。。
今度会うとき2倍になってても笑わないであげてねe-259

No title
る~るるる
円形e-420今度会うの楽しみにしてるe-265

コメントを閉じる▲
本日午後14時開始のEcole-club.MIGROSの
ビギナーズクラス行ってきました。

参加人数11人でした。

一人は中国人女性で、会ったときお互い
「同国人かしら!?」という期待の目で
見つめ合ったのですが・・・・わからない
言葉で話しかけられたので、唯一?覚えている
中国語「うぉーしーりーべんれん(我是日本人)」で
返しましたら「ああ・・・」というお顔。
お互いにちょっと無念!?

他は・・・

国籍 : 母国語
ノルウェー人女性:ノルウェー語(英語達者)
ノルウェー人女性:ノルウェー語(英語達者)
アメリカ人女性  :英語
シンガポール女性:英語
ブラジル人女性:ポルトガル語
コロンビア人女性:スペイン語
スペイン人女性:スペイン語
エクアドル人男性:スペイン語
????人男性:????語
↑言葉はおろか国籍すら聞き取れませんでした・・・。
しかしおそらくヨーロッパ人

上記のメンバーであると、夜ニコニコさんに
報告したらば

「つまり、中国人の女性は別としても
君以外の全員、君よりフランス語に対して
アドバンテージがあるということだ」

だそうです。

実際、授業は本当に始めからフランス語。
本当にどう聞いたってちょっとは基礎を
知ってないとちんぷんかんぷんだったのでは・・・
という感じでした。

はあ、ほとんど覚えていないとは言え、
アテネ・フランセに一応通っておいて良かったと
思いました・・・。

で、皆さん、ほとんど女性ですが、やはり
旦那さんのお仕事でこちらに来たとかが
多いですね。
お一人はお腹も大きかったです。

あ、先生も女性です。

え、ついていけるよう、がんばりますです。


夕方からは、以前大学関係の日本人コミュニティで
知り合ったスイスと日本のハーフの女の子と、
カフェでlanguage exchangeしました。

キティちゃん好きのかわいらしい女の子で^^、
(7歳年下です)来年の5月から日本に
日本語勉強しに行くそうです。

えー、ほとんど英語で話してしまってましたが、、、

え、こちらもお互いためになるよう、がんばりますです。

FC2blog テーマ:スイス - ジャンル:海外情報

【2008/12/01 14:21】 | フランス語
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。