ただいまは大阪からこんにちは。です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月ももう終わりの週末、26日、27日は珍しく
ニコニコさんたちの友人とは会わず、二人なりに静かに
過ごしました。

というのも、ニコニコさんはサッカー観戦に興味ないんですね。
今は、ワールドカップ(フランス語でMondial/モンディアル)
がありますので、興味ないという少数派?の彼にとっては
友達に付き合って盛り上がるということもしないので、
自然と静かになるわけです。(ちょっと寂しい人みたい?)

私も特に興味があるわけではないんですが、先日たまたま
日本戦を見てたらなかなかの試合だったのでクッションを
抱きつつ息を呑んで見守っていました。
そんな私に、「恥ずかしくないのか?」「君には失望した」
などと発言するニコニコさん。そういう人なのです…(冗談半分です)

(でもそんなニコニコさんでも色んな試合の勝敗は
ニュースとして私より把握しています。)

しかしスイスは負けてしまったので、これからは街も
少し、静かになるでしょう…。
(こちらでは、試合後に興奮した人たちがクラクションを鳴らしながら
通りを走ることが多いのです。スイスが勝ったときはうるさかった!
移民も多いので、当然スイス以外の試合でもうるさいのですが。)


そんなわけで、土曜日。

ニコニコさんは、静かにお仕事。
私は、お義母さんに借りている自転車を…初挑戦。

自転車についてですが…最近になってぼんやり気付いて
おののいていたのですが、
こちらでは自転車は基本、歩道を走ってはいけません。

立派な車両のひとつとして、(日本でもそのはずですが
昔から歩道走って普通ですよね…)
車と同じ車線を走るのです。

こちらは、右側車線。ですので、右折はまだいいでしょう。
左折が問題です。左折するときは、後ろの車に手で合図して、
信号前で車を前に道路の左に寄らなければなりません。

これが、3車線もあるような大きな道路ですと。
どこまで、左に寄らなくてはならないのかといいますと。

怖いです!
かつ、ローザンヌは坂の町。
車と同じ速さで走る、登ることもできないのに、車と
同じように振舞わなければならないとは、何事。
激しい登り降り(街はほとんど、登ってるか降りてるかです)
に加え、このような厳しい信号サバイバルは、
私には耐えられないと気付きました。

とは言え、自転車を降りれば歩道にのっていいので、
信号のたびに、あるいは急降下の道のたびに、
降りて引っ張って街まで行って見ました…。

あまり、歩くより、楽ではなかったですね…。
まあちょっとは早いかな。
しかし、車が運転できない私でも自転車があれば
夢の行動自由が始まる、と思ったのは浅はかでした。
ふんふ~ん♪チャリチャリ~♪と交通費かからず
日本みたいに気軽に買い物行ける、
なんて夢見たのは間違いでした…。ずばり買い物に
自転車を利用している主婦なんて、そう見かけません。

自転車に乗っている人は、きちんとヘルメットをし、
スポーティな格好で、というのが大半のようです。
少なくとも、3車線をものともせず走っている人のなかでは…。



そんなわけで、夜はバイクでご両親の家へ。

新鮮な牛のタルタルをいただきました。
夏になると、この冷たいタルタルをいただくようです。
朝、肉屋に注文して。おいしかった…。

タルタルは、私が食べれるかどうか気にされていたのですが、
これはさすがに日本でも数回食べたこともあったので
平気です。すると「じゃあ次回はカエルの足かエスカルゴで…」
と言われてしまいました。(冗談でしたが…エスカルゴ、
日本人にも普通のようですが私はダメです)


アパートに帰ってパソコンをつけると、
ニコニコさんに良いニュースが。2ヶ月前に出した
論文が、雑誌にアクセプトされたようです。
そんなときのニコニコさんは、ニコニコです。
これで、しばらくご機嫌がうるわしいわね、と
私も嬉しいのでした。


日曜日。
上手いこと午後2時くらいまでに、ニコニコさんのお仕事が
一区切りつき、バイクで出かけました。

Saint-Lout(サン・ルウ)という、
ニコニコさんが生まれた病院のある場所です。
その近くに、散歩できる林と、奥に小さな滝があるというので、
散歩しに連れていってくれたのでした。

ローザンヌからは、バイクで30分くらい。
DSC02506.jpg
これは、りんどうかな?

しかし、散歩といっても、湖沿いをちょっと歩くとか
そういうものではありません。あまり整備されてないというか、
自然そのままの道でちょっとした上り下りは当然だし、
なかなか。まあそれでも滝に着くまで一時間強だったので、
スイス人にしてみたらなんでもない「ちょっとした散歩」
なのでしょう…。

DSC02503.jpg
うん、滝です。

下の方に、虹ができていました。
DSC02505.jpg


その後は、バイクまで戻って終わり。
久しぶりに、ニコニコさんの好物の冷やし中華を作ってあげました。
私は、夏でも夜は暖かいものの方が本当は好きなんですけどね!
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:スイス - ジャンル:海外情報

【2010/06/28 14:47】 | 生活
トラックバック(0) |
だいぶ間が空いてしまいました。

4月中旬から5月中旬まで、日本に帰っていました。

家族と時間を過ごし、歯医者に行き、
3週間目からニコニコさんも合流して、
箱根へ旅行に行ったりというような。

一年ぶりの日本、楽しんできました。


5月にスイスに帰ってきてからは、
6月にフランス語の試験DELFのB1を受けるために
なんとなくおとなしく過ごしていました。

とは言え、ちょこちょこ、Lavauxにワインの試飲しに行ったり
BBQをしたりちょこちょこと出かけてはいました。

DELFのテストがですね、
A2を受けたときは、受かってるという確信が持てたのですが
今回のB1は、微妙です。より多くのボキャブラリーが必要でした…。

結果は、7月中旬にわかります。どきどきです。

天気ですが、先週くらいまで、こちらはけっこう寒かったのですが、
今週になってやっと本格的に夏になってきたようです…。

RIMG3132.jpg
スイスに帰ってきてからアパートで毎日みかける
目の周りとくちばしが綺麗なオレンジ色の鳥。
もう一羽、そっくりなんだけど全体が灰色のが
いるので、どうやら夫婦で近くに住んでいるのかしらと。

FC2blog テーマ:スイス - ジャンル:海外情報

【2010/06/28 06:32】 | 生活
トラックバック(0) |

No title
はふぇ
お久しぶりです!3月で更新が止まってしまっていたのでどうされているのかしら、と気になっていました。
お元気そうで何よりです。お仕事も始められたのですね。私も毎日100%の仕事で忙しくなり、フランス語学校へ行く時間はまったくなくなってしまいました。そのおかげでフランス語力下降しまくりです・・・(家でも仕事場でも使うのはドイツ語と英語だけなので)。
画像の黒い鳥は和名だとヨーロッパクロウタドリ、ドイツ語だとAmsel,フランス語はMerle noirと呼ばれるみたいです。英語だとBlack Birdでそのままなんですけどね(笑)。
ヨーロッパ全土でよく見られる鳥ですが、ツガイでは見たことがないので、メスの姿が気になります~。

Re: No title
る~るるる
はふぇさん、

お久しぶりです~。まあ、気にかけて下さりありがとうございます。
100%で働いておられるのですね。それは忙しいですね。
私も一日に働く時間が一定じゃないので、9時間とか働いた日は
家事ができなくて、部屋がだんだんめちゃくちゃになってきました~。
いや、はふぇさんはもう英語とドイツ語がおできになっているのですから
十分ではっ
私は、不十分なフランス語で仕事場でもアップアップする日々です…。

鳥の名前、教えてくださってありがとうございます!
びっくりしました。お詳しいのですか?
なんか、ほんとうにそっくりだけど、灰色なのがもう一羽いたので
勝手にそれがメスなんじゃないかと思ってますが、どうなのか…
もしまたシャッターチャンスがあったら。ですが、7月くらいになってから
とんと見かけなくなってしまいました。どこに行ってしまったのか…

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。