ただいまは大阪からこんにちは。です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月始めの月曜日、友人2人とレマン湖の向こう側の
フランスはYvoire(イヴォワール)に、
Nyonから船に乗り、観光&ランチしに行ってました。
P1010876.jpg
Nyon(ニヨン)から船で15分くらい。
ですが秋冬は出てる船の数がかなり少ないようです

Nyonといえば、ニコニコさんのお父さんが育ったところで、
今もお祖父さんのものだったアパートメントにお父さんの
お姉さんが住んでいます。ってほとんどベトナムに
いますが…

そんなわけで、ニコニコさんはお祖父さんが生きていたときは、
よくお祖父さんの船でイヴォワールに家族で遊びに
来ていたそうです。なんか、想像できませんね~

P1010877.jpg

P1010849.jpg

P1010853.jpg

P1010858.jpg
ところどころ、壁にラテン語が残っています。

P1010861.jpg
とても小さい町なのと、その日はフランスで休日
だったこともあって、観光はすぐに終わりました。

なんだか全体を想像すると、一番始めの写真の、湖沿いのお城から
伸びるように昔の城壁がところどころ残ってたる感じでした。
あいにく、お城は私有地ということで入れませんでしたが…


それにしても、さすがフランス、こんな小さい町で、
休日だってのに、開いてるとこは開いていました、スイス
だったら全滅に近いところですよね。
ガラスショップとか、雑貨屋とか、レストランとか。

私たちは、フィレ ド ペルシュ をいただきました。
P1010873.jpg

うふ、私たちって平日の昼間からちょっとフランスにきて
ランチ、なんて、有閑マダムみたいじゃな~い?
とかぴーちくぱーちくしながらいただきました。
P1010874.jpg
(実際は有閑マダムとは遠いのですけど…十分贅沢ですね)

イボワールで見つけたジジ。
P1010869.jpg
黒猫で赤い首輪をしていてかわいかったので思わず
「あ、ジジ!」と叫んだら、友達に
「ふ、フランス語でそれはダメ!」と
あわてて止められました。えっと…?
ちょっとここでは言えない意味みたいです。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:スイス - ジャンル:海外情報

【2010/11/21 14:39】 | プチ観光
トラックバック(0) |
ちょっと前のことになりますが、
9月末、スイスイタリア語圏、tessin(テッサン)に
小旅行に行ってきました。

というのも、結婚のとき、ニコニコさんのいとこから
いただいたこれ、これを使うためです。
01.jpg

日本でもあると思います。Smartbox。
引き出物のカタログのようなイメージで、ホテルだったら
カタログ内に載っているホテルを選んで一泊できる
というものです。

これの期限がせまっていたので、使わなくてはと。
そして、イタリア語圏にはまだ行ったことがなかったので、
ニコニコさんにリクエストしました。

レンタカーを借りて、高速道路でシオンを
通り過ぎ、イタリアを通りながらまずはロカルノを
目指しました。


ロカルノです。
ロカルノ映画祭のロカルノ。
ロカルノ条約のロカルノ。
P1010407.jpg
スイス・イタリア語圏とイタリアをまたぐ、
Lago Maggiore(マッジョーレ湖)
の湖畔のカフェにて

ちなみに、ぴんと来なかったら念のためですが、
ロカルノ、ルガーノがあるティチーノ州は、
ちょいと行くとすぐイタリアです。

ロカルノ映画祭で有名なPiazza・Grande(ピッツァ・グランデ)
P1010408.jpg

ミラノの貴族ヴィスコンティ家に所有されていたという
Castello Visconti(ヴィスコンティ城)
P1010410.jpg

こんなところでロカルノ見学を終わって
ホテルのあるルガーノ湖方面へ

もう遅かったのでルガーノは素通りしてホテルへ
直行…しようと思ったところで、困った事実が発覚。

なんと、ロカルノに来る前にイタリアを通ったとき、
車の後ろに入れた地図を出すために、一度その辺の
野原に止めたのですが…

そのとき、ニコニコさんは論文やなにやら紙類をいっしょくたに
入れた皮の重いファイルを車のトランクから出しました。
そしておもむろにトランクを閉めて、車の上にファイルを
載せたのです。

それをみたとき、なんか危ないなあと私は思ったものでした。
ですが、ニコニコさんのスイス人的山道慣れした運転に酔いきって
気持ち悪くなって朦朧としていた私は、何も言わずに
いたのです。

そしたら、案の定、、、ニコニコさんは、そのファイルを
車の背中に乗せたまま、発車してしまっていたのでした…。
つまり、そりゃ落っこちますよね、紛失です。

そのファイルには、ニコニコさんが時間があったらチェックしようと
していた論文のコピー、、、のほか、ホテルに着くための細かい地図、
ホテルの情報、そしてSmartBoxのオリジナルが入っていました…。

基本、Smartboxはオリジナルを持っていかないと使えませんね…。

いざルガーノ湖周辺についてさあホテルに行こうと
細かい地図を取り出すために車を止めたところでこの事実発覚。

ありえない失態に気付き、青ざめながらすごい速さで髪の毛を
くるくるし出すニコニコさん。
「こ、こんな失敗は子供のとき以来だ!」と叫んでいました…。

ここで私まで「キー!なにやってるのよ!」なんて言ったら
どうなるかわからないので、落ち着いてましたが、
顔に怒りが出ていたかもしれません。ホテルの場所はおろか、
電話番号すらわからないという状況で外がもう暗い山の中…。


ああ、やっぱり、旅の手配は任せ切るものではないですね。
その頃もバイトが忙しく体がくたくただったのと、いつも
忘れて旦那に「用意は完璧なたのもしい夫」という夢を無意識に見て
しまうんですね。いつも出発してから、
あ~私もきちんと見とくんだったと思うのですね。


さらにニコニコさんの動揺は続き、
「たぶんこっちだけど、あっここでは来すぎたかも知れないっ」
とユーターン、イタリア領のカンピオーネに迷い込む始末。

しかし、カンピオーネで一番大きい建物、きらきらした
カジノの前に来たとき私はピーンと思いつきました!
このカジノ周辺なら、フリーのwifiがあるのでは、と!

幸い、ニコニコさんのパソコンを持ってきていたのですかさず開き、
思ったとおり、GoogleMapにつなげることが出来ました…。
それだって、「ゆっくりしに行くからパソコンはいいか」
というニコニコさんに、「いやどうせ車だし、持ってった方が
いいんじゃない」と言ったのは私です。

まったく…そんなこんなでなんとかホテルにもたどり着けました。
SmartBoxがあるから1泊分はただになる…と思ってうきうき
楽しみにしていたホテル。
ちなみに、普段の私たちだったら絶対選ばない、ちょこっと、
まあ普通にするホテル…

受付で、こんな事情でオリジナルを失くしてしまったので、
もちろん二日分払う用意がある、と茶目を見せつつ見栄をはり
紳士を気取るニコニコさん。
私はもちろん内心、(もっとなんとかならないか頼みなさいよ!)
とは思っていますが、夫をたててそんなことは口にしません。

幸い、ニコニコさんは予約時にSmartboxの番号が書かれたページの
コピーをホテルにメールで送っていたのと、そしてホテルの人たちが
とても親切だったので、「Smartboxの会社にコピーでも
受け付けてくれるか聞いてみるわ」と言ってくれたのでした。
(結果、今回は大丈夫でした!)

そんなわけで、ホテル。
P1010443.jpg
ルガーノ湖から少し離れた山上にあるホテル。

ホテルのお庭と、ルガーノ湖の一端。
P1010430.jpg
湖が見えるお部屋にとまりました。
天気がちょっと、曇っていて残念でしたが、
夜景もきれいでした。

翌日は、ルガーノ周辺観光。
まずは、ニコニコさんの希望によって、
ルガーノ近郊の村?町?モンタニョーラに行き、
ヘルマン・ヘッセ美術館へ。P1010452.jpg

美術館だけではなく、
「ヘッセの道」と題された、ヘッセが歩いたと
される道を標識の案内どおりに歩いてみました。
P1010455.jpg

途中、ヘッセのお墓も。ほかの有名と思われる詩人などの
文化人と同じ墓地に眠っているのですが、
下のような石像付きのゴージャスで華々しいお墓の中で、
P1010466_20101122021602.jpg

ヘッセだけ、このように、地味を貫き通していたのが
印象的でした。
P1010469.jpg

ヘッセの言葉
P1010472.jpg

静かな林道
P1010475.jpg

このモンタニョーラの地で生涯を終えたヘッセ。
P1010488.jpg


その後は!
P1010497.jpg
私が行ってみたかったスイス・ミニアチュール。
ルガーノから8kmのメリデという場所にあります。
スイスの名所、有名な建物がミニチュアになって
ところ狭しと設置されている園です!

…子供がたくさんいました…。

次は!

P1010539.jpg
サン・サルヴァトーレ山展望台に行くかと、
ルガーノの町からここのケーブルカーに乗りました。
今出ちゃうよ、と振り返るニコニコさんです。

ここは、山頂の教会。
P1010553.jpg

教会の上に登ると、360度綺麗な湖と山の景色。
P1010565.jpg

スイスの中にある飛び地のイタリア領カンピオーネ。
P1010554.jpg

アップ。一番目立っているのがカジノです。
P1010563.jpg

右にレンズを移して・・・ここがメリデ橋。
P1010555_20101122023320.jpg

アップ。上から見たスイス・ミニチュア園です。
P1010550.jpg

そしてさらに右に90度近くレンズを移して…
モンタニョーラの村(町?)も。
P1010545.jpg

アップ。これがヘッセの眠る墓地です。
P1010546.jpg

以上、上から見たシリーズでした。
この日は、この後レストランでお食事して終わり。

3日目。
帰りながら、ベリンツィオーナという、中世の
お城が3つある街へ。

メインの、Castel Grande(グランデ城)
P1010661.jpg
中には、レストラン有り、博物館あり、
コンサートや会議も催されるようで、文化的に活用
されているようでした。

そして、残り二つ。
P1010627.jpg
左のが、Castello di Montebello(モンテベッロ城)
右上に小さく見えるのが、
Castello di Sasso Corbaro(サッソ・コルバーロ城)

モンテベッロ城まで登ってグランデ城の写真を
撮るので、体力が尽ききりました。


その後、ニコニコさんの計画で、来るときとは違う道、
ベリンツィオーナからゴッダルド方面へ登り、
そしてNufenen(ヌフヌン)という標高の高い山道を
通りました。
P1010678.jpg
このような・・・山の雪景色を、「きれいだろう?」と
言いながら見せてくるわけです、ニコニコさん。
確かにきれいなんですけど、寒そうです。

しかしこのおかげで、山の中の野生の動物と遭遇できました!
これです。
P1010687.jpg
ちょっと小さくしてしまうとわかりにくいですが、
一匹じゃなくて、上の方にいっぱい、群れです。

山ヤギですー。フランス語でbouquetin(ブクタン)。
寒いのも忘れてツララがそのへんが垂れてたくらいなんですけど、
車を飛び出てかなり近くまで行けました。
P1010697.jpg

かなりラッキーでした。なかなか見れないようで
帰ってから、義父や、他のスイス人にうらやましがられました。

以上です。

FC2blog テーマ:スイス - ジャンル:海外情報

【2010/11/21 10:04】 | プチ観光
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。