ただいまは大阪からこんにちは。です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月8日(土)は、ニコニコさんと二人
車でフランスのChamonix(シャモニー)に
行ってきました。

ローザンヌからは車で片道1時間半~2時間くらいかな?
夏休みと週末で人が多かったのか、
駐車するのに時間がかかりました。

うっかりパスポートを携帯するのを忘れてしまったんですが・・・
シェンゲン協定で大分チェックが無きがごとしに
なってるようなので何事もなく済みました・・・。

あいにく、この日は雨天気味。
DSC02177.jpg

まるで雲の中にいるようなこの感じ・・・
ほんとだったら山々が見えるはずなんですが。

DSC02181.jpg
シャモニーの駅。

左に行くと、登山鉄道が出ています。
DSC02183.jpg
DSC02186.jpg
チケット売り場・・・

DSC02185.jpg
今回の主な目的は、この登山鉄道に乗って
Mer de Glace(メール・ド・グラス) "氷の海" 
を見に行くことです。

DSC02189.jpg
車内。2両だけです。

DSC02191.jpg
じりじり20分くらいかけて登っていきます。

途中、林の中からこちらを見つめる2頭の
野生のバンビを目撃しました!(写真は撮れず・・・)

そして見えてきたMer de Glace...下の白いところとか
大体氷だそうな。。。
だけどなんか・・・ガイドブックで見て期待していたのとは
違いました。ちょっとこれだと海って感じはしないんですが・・・
DSC02192.jpg
氷の・・・川?みたいな。

だけど、白くない部分も、岩にしか見えませんが
氷らしいのです・・・。

登山鉄道を降りると、レストランやクリスタルの小さい博物館があり。

氷河の洞窟の洞窟に降りるには、
ケーブルカーと、徒歩で山道を降りるのと、2通り。

ニコニコさんの希望で、この曇天にかかわらず
徒歩を選択。。

これがですね、ここらへんの山が殆ど岩肌で、つるつるしてて
その上急で、怖いんです!
だけどさすがニコニコさんはスイス人、なんというか、
山ヤギのようというか、とんとん楽々降りて行ってしまいます・・・・。
ニコニコさんに言わせると、日本の山なんて、山じゃないそうですよ・・・。
というわけで、追いつくのに精一杯だったので写真は
ありません。

しかし途中、予想通り途中で雨が降りました・・・。
ちょうど、大きい岩場があったので雨宿りしたり・・・。
DSC02197.jpg
せっかく空気のきれいなところにいるのに
タバコを吸うニコニコさん・・・仕方のない人です!!

まあ、旅での雨宿りくらいだったらまだ
楽しいハプニングです。こんな岩場ですっころばなくてよかった。

やっと人工的な階段。
途中、日本人の方たちもちらほら。
DSC02203.jpg

それでも怖い。
DSC02204.jpg

氷河の洞窟の入り口らへん。感動!全部氷です。
DSC02205.jpg

感動のあまりニコニコさん。
DSC02211.jpg

感動のあまり私。
DSC02212.jpg

氷河の洞窟内のBGMが、クロノクロスという日本のRPGの
音楽が使われていました。確かに、幻想的で合って
いるんですが・・・こんなとこまで来てかなり親しみのある
ゲームサントラ、思いっきり日本語歌詞、というのが
私にはなんだかちょっと微笑ましかったです・・・。

DSC02218.jpg
スイスのセント・バーナード犬。

洞窟までに行き来する間に、いくつかこうやって
年号が書いてあるプレートがあります。
DSC02222.jpg
これは、この年にはここまで氷があったという意味。
このプレートは階段を登ってる最中にあったかな。
だんだん溶けていってるわけですね。
ガイドブックと多少違っててもしょうがないわけですね。
天気のせいもあったと思いますが・・・。

DSC02227.jpg
これは、登山電車とケーブルカーの乗車ポイントで
見れるDrusという山・・・。

そのほか、そこにはその辺りの山で見られる
野生動物のミニ博物館、Gland Hotelという古いホテル
でも、無料で昔の登山家たちの古い写真や泊まった
と思われる部屋の様子とか展示されてました。

その写真を見て思ったんですが・・・昔の人たちは、
え・・・そんな紳士淑女な格好で?そんな険しい山々を?
という感じでギャップがあって面白いです。

そんなこんなで曇天ながらに満喫して再び
登山鉄道でシャモニー・・・
DSC02231.jpg
雨のため街中の川が濁流に。それを見つめるニコニコさん。

DSC02233.jpg
おそらくこちらがモン・ブラン!
皆一生懸命見てるんだけど・・・見えない!

DSC02232.jpg
おそらくこちらが・・・メール・ド・グラスを発見した一人と
思われるお・・医者さん?(今になってなぜお医者さんが?
という疑問を持ちました。付き添い?)

DSC02235.jpg
晴れてるときにまた・・・お訪ねしたい場所でした!
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:スイス - ジャンル:海外情報

【2009/08/09 13:22】 | プチ観光
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。