ただいまは大阪からこんにちは。です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

chez (シェ) = ~の家で、~のところで
et (エ) = and

私たちの結婚式で仏→英の翻訳をしてくれたジョン
(と何度も書いたな)とその彼女ソフィ

のお宅(近所)にお招ばれ…

というか、もともとニコニコさんがインターネットのワイヤレスを
設定してあげに行くだけの話がディナーにお招ばれ

ということになりました。

ジョンは、ニコニコさんと同い年ですが、
法律専門の文系で(だからニコニコさんがワイヤレスの設定に)、
政治家でもあり、なにやら色々な活動をしている人です。
(何度も聞いたんですが、複雑で把握仕切れない)

ソフィは、日本人の私にも屈託なく偏見なく適度な興味を持って
接してきてくれます。留学したり、外国人に仏語を教えたり
しているので、私のへたーな仏語でも気持ちよく会話してくれ、
面倒くさがらず意思疎通してくれます。
自立的で、それでいて女性的で、バランスの取れた、
気のいい女性なのです。

いやあ、ここだけの話、ジョンとソフィが仲良く同棲を
始めて、ほんとに良かったなあと思っています。
ジョンに、ソフィを紹介されたとき、この女性とも会うのは
ここで最初で最後だろう、と思っていたら、いつもと違って
ジョンが「どう?彼女はどうかな?同姓の目から見てどう?」
と聞いてきたのが印象的でした。

でも私はそれまでも何度も、ジョンが連れてきて付き合うのかと
思いきや二度と会わない女性、というのが多かったので、内心
「え?何?どうせ今日だけしか会わないと思ってよく見なかったヨ」
なんて正直思っちゃったものです…

ジョンもそういうことを聞いてきたということは、
それまで連れてきた女性とは本人も心持があのときからすでに
違っていたということですね。

その後2人の仲は順調に進み、まだ付き合って1年経ってないのに
すでに色んなところへ旅行に出かけ、ベルギーに私たちも
付いていったときにはソフィは「私もジョンも一人暮らしが長いから、
一緒に暮らすなんてまだまだ考えられないわね」とか
言ってたわりにはその後すぐに同棲が決まり、晴れてソフィもご近所さんとなったのでした。

その後、知れば知るほど、お似合いの性格の2人なのです。


と、人のうわさ話をブログで書いてはいけませんね。
と思うのですが、めでたいお話なので許してもらえるかしら?

もちろん、ソフィには、ジョンがソフィの前に色んな女の子を
(私たちや他の友人の前に)連れてきてたことは、
うっかりでも言わないつもりです…。でも女って鋭いですから、
とっくに承知かもしれませんし、今は大事じゃないことですね。

さてそんなジョンとソフィの新居は(ジョンは同棲を始めるにあたり
同じ管理の、隣の棟のマンションの広い部屋に引っ越したのです)、
ってさすがに人ん家撮ってきてませんが。

なんと3部屋(寝室とそれぞれの書斎)+
壁全体窓的な広いサロン+
サロンにくっついた開放的なキッチン+
トイレと小さいシャワー室(ジョン用)+
トイレとバスタブ付き(ソフィ用)

さすが、両方がいっぱしに稼いでるカップルは違うわ…っ

サロンは、白と黒を基調に緑のアクセント(カーテンやクッション)
が効いており、モダンにキマっていました。
そして、壁がほとんど窓。あいにく湖が見える方向ではないの
ですが、晴れたらジュラの山並みが見えそうないい感じ。
ついでに山の上のスタジアムであげられる花火も丸見えでしょう。

そんなこんなで、お宅拝見ツアーをした後、
ディナーをいただきました。

バッテラという赤い野菜とヤギのチーズが混ざったもの(ソフィ作)
P1010116.jpg

アニョ(子羊)の骨付きステーキとポテト、ラタトゥイユ
(盛り付けとステーキはジョン作)
P1010117.jpg

春巻きの皮みたいなのに洋ナシとチョコを包んで
オーブンで焼いたもの(ソフィ作)
P1010118.jpg

どれもこれもおいしくいただきました!
まったく平日だったのに、働いたあとで、明日も仕事で、
よくこんなに、と申し訳ないような、感謝です。

これからもご近所として、友人として、
よろしくしていただきたく思いまーす。

それにしても、私たちのアパートも、まあ狭いのは
仕方ないとして、もーちょっと飾りつけというか、
しゃれっ気というか、どうにかしたいものだな、
といつも人の家に行く度思うのでした…。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:スイス - ジャンル:海外情報

【2010/08/19 12:12】 | 生活
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。