ただいまは大阪からこんにちは。です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ma(マ)=私の(の女性形)
belle soeur(ベル スール)= 義妹か義姉

ニコニコさんの妹、私の義妹のビビちゃんが、
Yverdon(イベルドン・ローザンヌから電車で
20~40分の距離)という街で、
短いモノローグ(一人芝居)をやるというので
行ってきましたよ。

街の中心地
P1010123.jpg
何かお祭りなんですよね。
スイスはこういう文化的(?)プチ(?)イベントがたくさん
あるように思いますね~
P1010124.jpg
↑に見える白幕がかかっている真ん中の通りに

↓のような大きい額縁がずら~っと立っており
P1010127.jpg

その額縁の中で一人ひとり違うお話を15分間、
いっせいに演技し始めるのです。

私とニコニコさんはと言えばですね…
私は土曜日働いた後でへろへろだったんで、
ビビちゃんだけ見て帰ろうと思ったら
一回目は人がたくさんいてビビちゃんの前に
陣取れなかったので、隣の額縁をまず見ました。

それはですね、夫を失って10年の女性が、
夫の思い出話をするのですが、その話してる夫って、
実は馬のことだった、でも別にギャグではなくて
真剣に、というのが最後にわかる、という話でした。

2回目はビビちゃんの前にばっちり陣取り、写真も
ぱちりしてきました。

ビビちゃんが演技したのは…
自分が生まれてすぐ後に母親と離婚してはなれた父親に
会いにいく娘、ただその父親が訳ありで、スパイなのか
マフィアなのか、とにかく危険人物。
心配した母親とおばあちゃんは、その娘に
ボディガード(観客がその役代わり)を付け、
その他催眠スプレーとか拳銃とか、武器・防犯道具を
持たせました。でも娘自身もとにかく不安。
トランシーバーをボディガードに
持たせて何かあったら助けを呼ぶからと
父親の部屋をノックしに。
結局再会は何事もなく無事終わり、娘は
父親からバラの花を受け取って帰ってきたのでした、
という話。

後から聞いたのですが、ニコニコさんによると
これらの話は何かの実話のようです。
ビビちゃんの演技、15分でユーモアも織り交ぜながら
綺麗にまとまってました~。

いや~私も…細かいところはわかんないけど、
以前よりはまあまあわかるようになってきたな
という感じです。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:スイス - ジャンル:海外情報

【2010/08/22 13:30】 | 生活
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。