ただいまは大阪からこんにちは。です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Matterhorn et Edelweiss
マッターホルン と エーデルワイス

P1010265.jpg

見えますでしょうか?
マッターホルンは見えやすいのですが、
エーデルワイス。右下に写ってます。

ということで、エーデルワイスを探すというテーマで
ツェルマットでハイキングしてきました。

ローザンヌから、Vevey(ヴェヴェイ)、Montreaux(モントルー)
を超えてVisp(ヴィスプ)という駅まで、一時間半強、
そこからゴルナーグラード鉄道というローカル線に乗り換え、
さらに一時間強、大体2時間半強かかりますね。

P1010151_20100901051710.jpg
電車からの風景ですが、ヴァリス州はこんな
切り立った岩山ばかり…

P1010145.jpg
その間や、ときには穴から滝が落ちてたり

P1010152.jpg
合間に放牧されてたりしました。


日帰りで行ったので、11時頃に駅で大学関係の
今回は趣味でエーデルワイスまで案内してくれるという方
と合流して、すぐさまケーブルカーとロープウェイへと直行。
P1010164.jpg

スネガ展望台から
P1010165.jpg

またそこからロープウェーで上へ
P1010167.jpg

さらにロープウェー
P1010174.jpg

最終的に、「ウシターロートホルン」という、大体標高
3000Mくらいのところに降り立ちました。
P1010178.jpg

マッターホルンを堪能です。
P1010180.jpg

視線を左に移すと~
P1010181.jpg

さらに左に移すと~
P1010182.jpg
今にもどろっと流れ出しそうな…

そして、一緒にロープウェーに乗ってたお兄さんたちは、
P1010185.jpg
飛びに来ていたようですね~

ということでここからエーデルワイスや他の
高山植物を物色しつつ、スネガ展望台まで足で
降りました。その標高差1000Mを超えていたようです。

3000Mともなると、花々も小さくまとまるようで、
ちょっと見えやすいものだけ写真を載せていこうかな。
P1010195.jpg
Cirsium spinosissimum (キリシウム スピノシスシムム)
キク科アザミ属 と、思われます。
P1010197.jpg
たぶん、Plusatilla Vernalis(プルサティラ ベルナリス)・(おきなぐさ)

P1010199.jpg
上の方はこういうコケっぽく生えてるのが
多いですね~だから、気をつけて見ないと
踏んでしまいそうです。

P1010206.jpg
ちょっと何の花かガイドブックで見つけられませんでした…

そして途中で
P1010210.jpg
マーモット発見!(ニコニコさんが発見し写真を撮ってくれました)

P1010211.jpg
この仕草がマーモット特有らしいです。

本来は、人が近づくとキーッという信号?を発して
皆一斉に隠れるそうなんですが。
大体そうだと言うんですが。ここのモーマットさんたちは
ちょっと人馴れ気味?まあ遠目ですが特に隠れる様子は
見られませんでしたね~こっちも、逃げられないように
そ~っとしていたからかもしれませんが…

P1010214.jpg
Gentiana orbicularis (ゲンティアナ)
リンドウ科

P1010217.jpg
Sempervivum(センペルビウブム)…のどれか
ベンケイソウ科

そしてついに
P1010237.jpg
♪エ~デルワ~イス エ~デルワ~イス♪
発見です。ちなみに発見したのは私ではありません。
連れてきてくれた方です。

でも、その後、自分でも見つけましたよ。
P1010246.jpg
いえ、別に張り合ってるわけではないのですが…
なんとなく?

P1010268.jpg
でも、皆さん先人の方はこのように、石で囲って
「ここ、エーデルワイス!」ってやってあるのが
たくさんありました~。

でも見てください。この砂(土砂?)すべりあと。
P1010225.jpg
連れてきてくれた方のお話だと、以前はもっと
生えてたエーデルワイスが、この土砂すべりで
なくなってしまってるそうです。

残念ですが、山は生きてるので仕方ないですね。
P1010250.jpg
氷が解けて、穴はこのように湖になったのですね。

P1010233.jpg
写真嫌いのニコニコさんをいつもこっそり撮っているので
後で怒られてしまいましたがお気に入りの一枚。
ニコニコさんとマッターホルン。

P1010276.jpg
山の強い紫外線にも耐えうる顔を持った
黒鼻羊さんたち

P1010296.jpg
スネガ展望台
ここで遅いお昼をいただきました。
P1010302.jpg

いや、他にも細かい植物の写真など
あるのですがちょい省略します。

その後、ケーブルカーで下山し、夕方まで街を観光して
帰りました。

ツェルマットの街で印象的だったのは…
P1010324.jpg
このブランド店、レストラン、お土産屋など並んでいる
メインロードの他に

P1010315.jpg
17世紀の食料貯蔵庫や、家畜小屋が残っている通りが
ありました。
野良猫たちの遊び場になっているようでしたが…

P1010312.jpg
その通りの入り口付近には、104年生きた市長さんの像が…

P1010313.jpg
1900年から2004年までって書いてあります。
すごい。

最後に、スイスのセンスを疑うおみやげ物。
P1010328.jpg
Geisha、199スイスフラン、とのこと…。

牛がGeishaになった上に、寿司がのっかっていますよ?
その上、2万円近くです。

一体、誰が買うのでしょうか…?
(もし、買った方がここを見ていたらすみません…)

そんなわけで、連れてきてくれた方のおかげで、
とても充実したハイキングになりました!

エーデルワイスとマーモットが見れて、私は
今とっても満足しております!(マッターホルンは…?)
スポンサーサイト

【2010/08/31 13:35】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。