ただいまは大阪からこんにちは。です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こちらの女友達と、土日を挟んで2泊3日、
私にとって3回目、のパリに行ってきました。

1回目はニコニコさんと美術館観光
そのときはモンマルトルに泊まりました。

2回目は日本の家族の引率というか?
そのときはモンパルナスに泊まりました。

3回目の今回は、女友達と、純粋にほぼ買い物のみ!
パリに来ているのに、遠い日本にはすぐには
帰れない私たち、

図らずも日本食店、日本食材屋の並ぶ通りに
ホテルを取り、部屋に荷物を置くなり
近くのラーメン。

そこはオペラ座の近くだったので、観光らしいものは
初日にオペラ座内を見たのみ。
その後ものぐさな女同士の私たちは観光バスに乗り
観光名所をバスでもって一周して(途中で乗り降り
自由なんですが降りもせず)終わるという始末。

オペラ座のすぐ裏にあるギャラリー・ラファイエット、
に一応入ってみるが高級品・ブランド物に興味がない
2人組みだったのでろくろく見ずその近くのユニクロへ

その他堪能したものは

ブックオフ、

韓国料理(ローザンヌにはほとんどなし)、
日本食材、韓国食材、日本人がやってる小さいお寿司やさん、

シテ、マレ地区では若者のストライキ・デモ団体、セーヌ川の向こうに
もくもくと煙は上がってるし(車が燃やされたそうです)

その後に行ったサン・ジェルマン・デプレから
モンパルナスタワーに伸びるRue de Renneでは
強制連行?の若者たちをのせた警察のバス、横を
通り過ぎる防弾チョッキ装着の警察官?特殊部隊?の群れ、
は~まさにパリ…よくテレビのニュースで映ってたよね、
的な映像

夜、ホテルの部屋の、なぜか左右裏返って写るテレビで
一生懸命ストの情報を見るが自分たちが帰るための
TGVがきちんと動くかどうかは確認しきれず

最終日Gare de Lyonで確認してからまた買い物

私的には、Rue de Renneが一番お気に入り。
日本の家族と来たときに気に入った店がやっぱり
今回も気に入ってました。


ストライキで50%のTGVがキャンセルになっていたので
それが一番どきどきしましたが、ラッキーなことに
私たちの買った切符のTGVは大丈夫でした。



他に印象的だったのは、そのホテルの周りの日本食屋さん、
韓国料理屋さんが安かったこと…。
ラーメンと言ったって、ローザンヌでは
まずほんとのラーメンに近いまともなラーメンは
ないし似せたものがあっても7.5ユーロという値段では
ありません。

夜、韓国レストランで石焼ビビンバ、チャプチェ、韓国酒
だけ頼み、ただで色んな野菜のお通しと口直しのメロン
が出た上に2人で35ユーロで終わったことに感動…

日本食材店がたくさんありましたがなぜかどこも
韓国食材店と2カ国食材店になっていること…

しかしそこの通りの一番大きなお店で、日本なみに立派な
大根が1ユーロ強のみだったこと…
(ローザンヌのスーパーで買えるのはひょろミニで同じ値段)
日本の普通のかぼちゃが普通に売っていたこと…

ということで大根とかぼちゃをパリからローザンヌに
持ち帰る私
友達は韓国食材が好きみたいで買い溜めしているようでした。

あ、一緒に行った友達が教えてくれたピエール・エルメの
マカロンもやわらかくておいしくて感動


2日目の晩に一応フレンチも行っておこうかと、
日本の家族が来たときに、姉が本で見つけて予約して皆で行った
オデオン座の横の、ナスとチーズのミルフィーユがおいしかった
お店に行こうとしたんですが、お休みでした…。

しょうがないので近くの、なんだか地元民向けの
お店に入ったらシンプルで安くておいしい、感じで
終わりました。

去年の家族旅行でも粋がってちょこっとフランス語使ってましたが
今回はますます粋がって下手なフランス語を使いました。

んで、いつのまにか、通じないとヘコむよりむしろ怒って
何度も大声で繰り返す自分になっていることに、気付きました…


しかし、やはりパリ(都会)はいいですね。
でも、ローザンヌはローザンヌで、もちろん物の選択肢が
ないことにあきあきすることがありますが、住むには
落ち着いてて良いところですね。と、帰ってくるたび
ほっとしている自分に気付きます。

以上、まとまりがないですが
「バイトを始めた私は浮かれてパリに遊びに行ったよ」


という報告でした。

バイトも、あまり時間数が安定しないのですが、
チャンスがあるうちに頑張っとこうと思います。
そんなわけで明日からまた時間がないので、
とりとめの無いまま更新します。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:スイス - ジャンル:海外情報

【2010/10/19 15:06】 | プチ観光
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。