ただいまは大阪からこんにちは。です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2日目の午後は、山歩きをしました。
今回の目的・山で歩いて、きれいな空気を吸う、です。

しかし、すぐ弱音を吐くであろう私を心配して
ニコニコさんが楽なコースを決めてくれました。

それは、1945年に作られたbisse de Levron
(ビス ドゥ レブロン)という水路をたどって歩くコースです。

まずは、街から出ているケーブルカーに乗り、
Verbierと山頂のMont Fort(モン フォー)との
中間にあるLes Ruinettes(レ リュネット)まで
行きます。
bisse de levron
そこからこの図の左のChute de bisse(シュット ドゥ ビス)
(=ビスの終わり、滝)までが目標です。
この地図はこちらから。

標高2195mから1910mまで3時間という目安で
水と一緒にゆったり下る、楽ちんハイキングです。
しかも、疲れてもうやだ、となったらその途中でも
いくつか降りられる道につながっています。

P1020282.jpg
ここがLes Ruinettesでケーブルカーを降りて
出たところ

P1020281_20110809231647.jpg
こういうように黄色い票であちこちへの案内と目安の時間が
書いてあります。今回はChute de bisseを目指して。

P1020287.jpg
マウンテンバイクは入っちゃダメよ、のマークです。
私は最初、これをバイクもOKのマークかと言ったら
ニコニコさんに「君は本当に運転するべきじゃないな!」と
呆れられ。そうですね…。

P1020289.jpg
こんなときのニコニコさんは写真を撮っている私をおいて一人で
どんどん行ってしまいます。ゆっくり良い写真を撮りたかったら
ニコニコさんに置いていかれる&怒られる覚悟ですね。

P1020291.jpg
流れが速いところも。

P1020302.jpg
自然の川の水が合流するところも。

P1020303.jpg
お天気は、曇りとくどきにわか雨。太陽の光がないのは
残念でしたが、まあ暑すぎるよりいいかも知れない、と。
気温は低くも無く高くもなくで、ちょうど良かったです。

ニコニコさんちの山荘のバルコニーからも見える牛さんたち。
黒いのは乳牛か闘牛かとのこと。
P1020335.jpg
私が通りがかると、「何か・・・くれるの?」とでもいうかのように、
数頭、カランコロン・・・と緩慢にたちあがってじっと見つめてきます・・・

森にさしかかると、突如このような木彫りが。
P1020305.jpg

どうやら、このbisseには木彫りシリーズが道々
続くようなのです。
P1020311.jpg
バンビ。

P1020315.jpg
有名なきのこ、モリーユ。

P1020316.jpg
きれいな薄紫色のつりがね草

P1020300.jpg
のこぎり草

P1020301.jpg
かわいらしい黄色いロックローズ
他にも色々咲いていました。

引き続き木彫りシリーズ
P1020369_20110809235205.jpg
食べ終わったりんご

P1020370_20110809235205.jpg
狩る側と狩られる側

*ここに載せたのはほんの一部で、もっと色々ありました。


さてはて、ここが最終目的地、Chete de Bisse 
P1020350.jpg
・・・残念ながら、ここまでで立ち入り禁止。
なんという。その先の滝を見に来たと思ったのに。
見れませんよ。と思いました。

P1020354.jpg
しかしニコニコさんが、下の方を見て多分あそこに
流れてる、といってこの写真を撮ってくれましたが、
帰ってきて拡大して見たら・・・水、ないような・・・・?あれ?


P1020355.jpg
さって帰るか、のニコニコさん。
着ているのは、雨ガッパです。

山から見える、ベルビエの街。
P1020371_20110810001848.jpg
ニコニコさんちの山荘も見えます。どれも似たような屋根を
しているのでなかなか苦戦しましたが、発見。

拡大。
P1020371_20110810001847.jpg
バルコニーの白い丸は、外用のテーブルがたたんで
おいてあるものです。


最後に、これをどうぞ。
P1020373.jpg
突然、早道しようとざざざと草深い道なき道を問答無用で下り出したニコニコさん。

すると、いきなり 「ピィッ」 という大きな音とともに何かが ぴょっ! と
立ち上がったのです。


拡大。マーモットさんです!
P1020373-1_20110810001846.jpg
こうして拡大してみると、なんかおじいさんみたいですね・・・
ピィッという音は警戒の音。この後、マーモットさんはじっと
立ったまましばらく硬直していましたが、またすぐに引っ込んで
出てきませんでした。

見てみたら、そこはマーモットのお家だらけのところでした。
P1020374_20110810001846.jpg
お邪魔しました・・・。






スポンサーサイト

FC2blog テーマ:スイス - ジャンル:海外情報

【2011/08/09 07:42】 | プチ観光
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。