ただいまは大阪からこんにちは。です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニコニコさんの日本インターンシップ時代のご友人たちに会いに
スイスの首都ベルンに行きました。

夜7時からの待ち合わせだったのですが、
もったいないので私一人で先にベルンへ・・・
国鉄一人デビューです。

ローザンヌからベルンへは電車でおよそ1時間弱。
チケット代はなんと片道 31スイスフラン(3100円くらい)
です・・・・。

なんという高さ。私にしてみれば、
所沢から渋谷へ出るのに行きだけで3000円出してる
くらいの感覚です。信じられません。

もうちょっと安くする方法もないではないのですが、
何せ私はツーリスト。住民ではないため、IDが必要に
なるようなチケットが年間半額になる1/2カードや、
40スイスフランで一日乗り放題的な1dayチケットが
買えません・・・。というわけで往復で6200円の出費。

しかし、例によって改札というものは存在しないので、
乗ってから車掌さんがチェックしに来るわけですが、
窓から写真を撮るのに夢中なときなどにたまに
スルーされてしまい、高いお金出して乗ってるのに
チケットに穴を開けてもらえなかったときなど、
微妙な悔しさを味わいます・・・。
trainticket.jpg

しかしそれを悪用して穴なしのチケットを、駅で人に
売ろうとする人もいないではないみたいです。
初めてチケットを自力で買おうと販売機とにらめっこ
してるとき、男性に声をかけられ、用事がキャンセルに
なって不必要になってしまった1dayチケットを40フランで
買ってくれないかと言われました。

ちょっと心が動いたものの、まだチケットについて
無知なゆえ信用できるか確証できなかったので、
チケットオフィスに一緒に行ってお姉さんに聞いたらば、
ローザンヌに住んでるんだったらまあ・・・
だけど旅行者だったら保証できないわみたいな?
感じだったのでその男性もひっこめました・・・。

たぶんこの男性は悪い人ではなかったと思うんですが
払い戻しをせずに人に売ろうというのがちょっと
微妙ですよね・・・。

まあなんか色々と難しいことがあるようですが・・・。

電車は2階建て、一駅一駅が長いとあってトイレ付き、
飲食物販売のサービスあり。

スイスの車窓から。
羊、馬、牛等がたくさん見れます。
syasoukar.jpg

ベルンの駅。
bernstation.jpg

駅前には、路面電車乗り場。
romendensya.jpg

と、この建物はなんだろう。
bernekimae.jpg

ピンクの路面電車もあり
romendensyapink.jpg

カジノ
casino.jpg

カジノの先の橋の上から
bern.jpg

ベルンの大聖堂
berndaiseidou2.jpg



有名な時計塔
tokeitou.jpg

ベルンの建物にはこうやって
絵が描いてあるもの多数
kabe.jpg


時計塔を振り返って
bern3.jpg

時計塔をくぐるとこのメインな?通り
こういう噴水が一定間隔?に並んでおり、
道路の下の水の流れる音がいつも聞こえてます
hunsui.jpg

地下ショップ。
ベルンのこのあたりの通りにはこういう地下に
ポコッと空いたお店がたくさん・・・
ana.jpg

時計塔の通りをそのままつっきると
さっきのカジノの横からつながってるアーレ川の
別の橋に
bern2.jpg

橋を超えると工事中の熊公園
熊がいます。
kuma2.jpg

さらにそこを超えて「バラ公園」への坂道を登ると
(これが本当にきつい)
ベルンを見渡せる丘の上へ
バラは咲いてなかったけど
rosegarden2.jpg
夕暮れの逆光でうまく撮れず・・・

みんなこの公園でぼうっとベルンを眺めて過ごす人が
たくさんいました。
rosegarden.jpg

それにしても前回来たお正月のときには
ひとっこひとり歩いてなくてゴーストタウンかと
思ってしまったほどでしたが
今回は普通ににぎわってるときに来れてよかったです。

戻って・・・
こんなんもありました。
ほんとに教会だらけですね。
bernkyoukai.jpg

連邦議会議事堂も・・・
renpougikaigijidou.jpg

最後は前回ニコニコさんと来たときに入った
私的には思い出のcafeにもう一度。
近くにスタバもありますが、こっちのほうが安いし
2階も広々と空いててスタッフの人たちもいい感じです・・・。
berncafe.jpg

そして7時からはイタリアンでお食事でした。
all.jpg
一応肖像権を考慮して小さめに。

右から・・・ブルガリア出身チューリヒ在住のカップル
ローザンヌ出身・在住のカップル
ローザンヌ出身の方の奥さん以外は皆さん
日本経験があって、程度の差こそあれ、
日本語話せます。
全員の共通語は英語、でしたが、スイスドイツ語圏の
ベルンで、あるときはブルガリア語がとび
あるときはフランス語がとび英語がとびドイツ語が
日本語が出ちょっとウェイターさん巻き込んでやや
混乱気味な場面もありました・・・。

私たち以外の2カップルは今年結婚式を挙げてました。
2組ともラッブラブです。うらやましい!
いや私たちもラブラブですけど・・・
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:スイス - ジャンル:海外情報

【2008/11/10 23:43】 | プチ観光
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。