ただいまは大阪からこんにちは。です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまに料理をサボりたいときは、冷凍食品に頼ります。

冷凍食品で、「カネロニ」
大きいマカロニパスタに、野菜か肉が詰まってます。
caneloni.jpg
おいしいです。ラザニアみたいな味?

ある日のつくりだめ
ホワイトシチュー・ポーク入り
1203whitesitu.jpg
ホワイトソースから作りました。
小学生か中学生の実習以来かと思います・・・。
作るのどきどきしましたが意外と普通に
できました・・・。


こちらは以前ニコニコさんが作ってくれた
「鳥の丸ごと白ワイン煮蒸し」を、
適当に真似てみました。と、またラタトゥイユ。
tickinvinblanch.jpg
こちらでは、お肉は切られているものより
丸ごとのほうが人件費かかってなくて
お買い得なのです。

丸ごとのチキンに裏表に塩こしょうして、
蓋付きの耐熱ボウルに入れて、
にんにく、しょうが等のすりおろしもかけて、
オリーブオイルをチキンの表面にかけて、
チキンの皮にフォークをつきさして穴を
空けておき、
適当に好きな匂いのするハーブをちぎって
お腹の中やら下やらまんべんなくチキンにのせて、
白ワインをチキンが半分つかる程度に入れ、
200-250℃程度に余熱したオーブンに入れ、
1時間から適当にチキンの表面の皮が
全体大体茶色になるまで焼く。

だけ・・・。
多少時間はかかりますが、手間はあまり
かからず、おいしいです。

とくにこの場合おいしいのはえー手羽と、
上の写真の脚?です。骨付きのところ。
ほろ~っと滑り落ちるように肉が取れて
ほわほわじゅわ~でおいしい~!です。

そしてあと何がおいしいって
パリパリになった皮と、
チキンの肉汁と白ワインで味のついたハーブ。
微妙にワカメみたいな味でアクセントになります。

胸のところが肉が厚いのでちょっと
他の部位より食感がさばさば。
汁をかければおいしいですが、残ったら
サラダにも使えそうなので
丸ごとこれで調理するのが好きになりそうです。

・・・でも、オーブンを200℃以上で今回2時間くらい
かけたんですけど一体電気代ってどれくらいなんだろう・・・
そんなことが気になる私です・・・
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:スイス - ジャンル:海外情報

【2008/12/07 14:47】 | ごはん
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。