ただいまは大阪からこんにちは。です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実は今、クレジットカードの保険以外に保険のない私です。
まあいざとなったら持ってるアメックスの海外旅行保険で、
90日間は特にスイスで保険に入らなくてもいいかな、
と思っていたんですが・・・

この間の引越し前に移住のストレスか、一回胃腸炎症状が
出た私を見て心配になったニコニコさんが、「早く保険に入ろう!」
と言い出しました。

冷や汗ダラダラでぜーぜー言ってる私がよっぽど
怖かったんでしょう・・・私も痛みで胃腸の問題です、と
説明できなくて、わけわからなかったんでしょう・・・
危うく救急車を呼びそうになったニコニコさんを
何とかおしとどめました。だってこちらで無保険で救急車なんて
呼んだら、一体いくら請求されるのか皆目検討つかないので、
そちらの方が私には恐怖です。

ということで・・・保険の検討を始めました。

スイスでは、国民健康保険はありませんが、法律で、
いずれかの保険会社の保険に入らねばならないことに
なってます。

そして・・・聞いてはいましたが高く、意味がわからない
ところがあります・・・・。

まず保険の種類は、基本的なものをカバーするbasisがあり、
最低それに入らねばならないと。
その上で、さらなるカバーで待遇の上がるpriveがあると。

しかし、数ある保険会社の中から選んで保険を契約しても、
診療費の全額をカバーされるわけでもなければ、
もちろん国保のように最初から3割で病院に払うというわけではないと。。。

契約時に年間に自分で払う医療費というものを決め、
それ以上になった場合に、それ以上の分だけ保険会社が
後からカバーしてくれます。。

そしてその年間で自分で払う医療費に反比例して、
月々の保険料が決められると。

たとえば極端に言うと

 自己負担年間医療費上限   :  月々の保険料
 
①300 スイスフラン        :   400スイスフラン

②2500スイスフラン        :   200スイスフラン


と言ったような。
え・・・わかります???

①の場合、年間かかった医療費が370フランだとすると、
月々400フランも払ってるのにも関わらず保険会社がカバーしてくれるのは
70フランだけ、300フランも病院に自分が払うと。

つまり・・・・400フラン(4万)×12ヶ月+300フラン(3万)=5100フラン(50万)
年間の保険+医療費。

②の場合、月々200フラン払ってても年間医療費が2500フラン
以上にならなければ一フランも何もカバーされないと。。。。
年間かかった医療費がまあ同じく370フランだとすると

200フラン(2万)×12ヶ月+370フラン(3.7万)=27.7フラン(27.7万)
年間の保険+医療費。

(*仮に1フラン=100円で表記しましたが実際今86円くらいです)

ということで、自分があまり病院行きそうにないという自信が
あれば、この年間自己負担費を多めに選べばお得なわけですね。
(ちなみに300フランから2500フランまでの間で、単位も
決まってるようです。)

しかし人生何があるかわからないので、
万一手術とかなったときには軽く10000フラン(100万)
超えるらしいスイスで・・・・・

えっと??一体どう選べばいいですか??
と悩まざると得ないわけですね・・・。すべて自分次第と。
ちなみに、一回医者に行くと100フラン(1万)以上はかかるそうな。

また、保険料は掛け捨てです。日本で聞くような、
何年でいくら戻ってくる、キャ、みたいなのは、気休め
程度もないようです。

別にニコニコさんは悪くないんですが・・・
説明を聞いてて、あまりのことに顔が般若化してしまいました。
まあね、こういうのが高い代わりに、税金が安いとか、
ニコニコさんは言ってるんですが、ホントかいなと・・・

えっと、また、もっと月々の保険料を安くしたければ・・・

*いきなり病院に行く前に、自分のホームドクターに行くこと
  (もちろん緊急時以外)
*薬は保険会社の指定する薬局へ行くこと

というオプションの契約をすると、保険料が下がるとのこと。

このホームドクターっていうのは・・・町の小さい診療所の先生、
みたいなイメージなんですが、まず胃腸科とかいきなり自分で
行く前に診てもらって、診れるものはそこで診てもらって
それ以上悪かったら専門医をそこで紹介してもらうということですね、
もちろん勝手に選べるわけではないので、
そのジェネラル・ドクター(広く浅く診るお医者さん)に、
「あのーすいません。私のホームドクターになってもらえますかね?」
と確認取らなければならないとのこと。

移住してきたばっかりとかでまだ病院に行ったこともないとか
だったら、まだお医者さんの名前を知るまでにもならないので
どうにもならないですよね・・・。

が、私の場合、ニコニコさんのお父さんがそのジェネラル・ドクターなので・・・
(それで幸いにも胃腸炎のときもただで処方箋書いていただいちゃったんですが)
なっていただこうと、思ってたんで、す、が・・・

「え、本当にいいのかい?るるるはそれで大丈夫かい?」という
ニコニコお父さまの声で、はっ・・・と・・・・

義理のお父様になる人に・・・えっと・・・・
いざ具合悪くなったら・・・どこまで診(見)られてしまうんでしょうかね?

ということに気付きました。
話変わるようですが・・・・こちらの方々は、まあラテンに比べたら
大分シャイで日本人にちょっと似てるとは言え、
若い女性たちは胸の谷間なんか見せてなんぼ・・・

お医者さんでも・・・日本のように気を遣って服の下から
心音確認なんてしないと・・・・・・・・・・・・・・・・・・
つまりがばっと・・・・・・・・

はっ・・・・っと・・・・・

考えて、一瞬うにゅうにゅ躊躇してたら、もうそれだけでニコニコさんに
「るるるちゃんがちょっとでも気にするなら、そのオプションはやめよう!」
とばっさり切られてしまいました。。。

いや~ま~いざとなったら命には代えられないので
義理の父もなにもあったもんじゃないんだから気にすんな!
と思うんですが、羞恥心が。よく考えたらお父さんも。
実の娘息子はともかく?息子の嫁って?どうなんでしょうか・・・。

まあ、乳がんのような婦人科系の基本の検査等は、
最初からそちらでしてもらう上にちゃんとカバーもされるようですが。

ということもありつつ。
まだ結婚してないので、住民登録はするものの滞在許可証がないので、
無事にすぐ加入できるかどうか私は危ぶんでいますが、
ニコニコさんが恐怖しているので進めています。

ちなみに、保険料のレートは年度末に更新されるようで、
そのときに見直しすればいいようです。

スイスの保険会社いっぱいあるので・・・
安い会社もあれば高い会社もあるのですが、
安い会社にすればしたで、いざ診療費をどっちが負担するか
引っ張り合いになる可能性が高くなるようです。

ちなみに歯科診療はbasisの保険には入りません。
(たぶん探せば歯科用のがあるにはあるようですが)
うっかり歯医者に行くと日本への飛行機代より高い見積もり
出されると聞きましたので、それならやっぱり里帰りですね。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:スイス - ジャンル:海外情報

【2009/05/15 03:26】 | 健康保険
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。